HOME 目元・口元の老化防止 ギャップも怖くない!エイジングケア

マスクギャップも怖くない!? 目元・口元老化防止エイジングケア!

2021年4月25日(日)、SELF BEAUTY BOXにて
「マスクギャップも怖くない!? すぐに始められるエイジングケアセミナー」を開催いたしました。

新型コロナウイルス感染症が拡大したことで、
1日の大半をマスクをして過ごすことが多くなりました。
ふとマスクを外して鏡を見た時に、そこに映っているのは
口角や頬が下がったお疲れ顔…。
そんな『マスク老け』に悩む方が増えてきています。

なにもせずにそのまま放っておくと、老け顔まっしぐら!
アフターコロナに備えて堂々とマスクを外せる顔を保っておくことが大切です。


SELF BEAUTY BOX ビューティープロデューサー千葉が、
効果的なリンパマッサージケア、
洗顔後のフェイシャルケア、
肌トラブルのお悩みを効率よく解消させる方法を
伝授してくれました。

参加されたみなさまは、
「マスクをするようになってから、
たるみが気になるようになって悩んでいたけど、
リンパのマッサージをすることでこんなにも改善されるんだね!」
とこれまでの自身の振り返りをする
良いきっかけになったご様子。

ここでは、当日のセミナーの様子を
ご紹介いたします。

どうしてマスクをしていると老けてしまうの?

マスクをすることで起こる肌トラブルとして『老化』が挙げられます。では、なぜマスクをすることで老化が進んでしまうのでしょう?

【マスクで老化が進行する理由】
▢顔の運動不足
▢マスクにより摩擦が生じターンオーバーの乱れ
▢口呼吸による酸素不足

マスクで口元を覆われているとそれだけで口元を動かしにくくなります。加えて、マスクで隠れている顔半分の表情が乏しくなります。

筋肉が緩むことでたるみやしわ、二重あごなど見た目年齢を一気に加速させる原因となります。

GALLALY

豊かな表情は若さの秘訣!

表情筋は、文字の如し「表情」を表すときに使われる筋肉です。

最近では、コロナの影響により人と会う機会がぐっと減り喜怒哀楽の表情を作る機会も減ってしまいました。

体力のみならず、わたしたちの表情筋も衰えやすくなっています。

「生き方が顔に出る」と言われるように日々の暮らしの中で喜怒哀楽を表現することは、結果として若々しいお顔をつくるといえます。

まずは、コリコリに固まった表情をほぐしてあげてみてはいかがでしょうか?

/